FC2ブログ

10 | 2018/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記8 


黒岩射手ザゲーム

BR☆S THE GAME

 総プレイ30時間。放置も含めですがね
 という感じでバイク以外は全クリしました。割と簡単でした
 
 一番苦労したのはゴールドドーン全破壊ですかね
 一周目の時にレコードを取ることくらいしか考えておらず詳しく調べてませんでした
 ので、何度もフリーハンティングやることに・・・何回やったことやら(遠い目

 そして報酬のコスチューム「ムーンラビット」ですが正直微妙('A`)
 一番コスチュームで気に入ってるのは初期のですし
 しいて言うのならスクールですかね。あ、スクール水着じゃないからね!

 そして「ラストゲーム」のクエスト?ですが
 月面宮殿に今までのA級エイリアンが勢ぞろい全て撃破後、ラスボスとバトルで終了
 その際、会話→戦闘→会話なんですが、ナフェの最後のセリフが不覚にもドツボに入りました
 ナフェは○○○○を○○したヤツですからあまり好きじゃないけどかわいいもんね(ぁ

 
 ボリュームは、そこそこ。映像は個人的に好き
 RPGなので戦闘システムは自由度が低いですが今までにない感じがして良かった
 3日ほどでクリアと、かつてない速度でクリアしたゲームでしたね
 どうせやることないんで近々売りさばきますけどね

 面白いPSPゲームあれば教えてくれるといいなぁ
 最近、目をつけているゲームがなくやることないという(苦笑)




購入本簡易感想

とあるSP

 とある魔術の禁書目録SP

  なんと売ってましたああああああああああああああああああ(狂喜)
  本編と同時発売とかいてあるのに売ってたのは29日発売と同じところに・・・
  なにはともあれ無事にGETできてよかったですはい

  内容は「ステイル編」「マーク編」「上条当麻編」「初春飾利編」
  そしてステイル編挿絵ではリンクした上条さんの漫画がありました
  いやぁはいむらさんの漫画はイイなぁ(深々

  本編に急に登場した「明け色の陽射し」のボス、バードウェイの説明のための巻でした
  まぁそれほど登場は多くはなく妹がメインな話でしたね
  あれかな・・・ステイルって幼女に縁があるのかな、小萌先生といいね(笑)
  それと文章中にステイルはロリコンではないとかいてあり、めちゃくちゃ吹きました
  ステイルさんじゅうよん歳ですからね。異様に身長あるだけですから

  それと「ステイル編」で上条さんとの電話での会話シーンが少々ありましたが
  挿絵の漫画とリンクしているということはスーパーからの帰りに
  漫画の場面に遭遇したんでしょうか・・・どう不幸が回ればああなるのか
  もう一度食材かってきてバードウェイに食べさせればいいよ!辛いの苦手らしいし



犬ハサ3

 犬とハサミは使いよう3

  秋山忍はストーカーされている・・・まぁそんな感じからどんどん広がる事件の香り
  相変わらず会話がとても楽しい犬ハサです
  そして若干の変化が、文字列にしか興奮しない春海が読書姿に興奮するという
  異常性癖の片鱗がうかがい知れましたね・・・なんというツワモノ

  今回の事件の犯人は、まぁネタバレだから言いませんが
  また春海の死により変わった人が登場しましたね
  人一人の死が少しながらでも人は変わっていくっていうのが分かりますね
  
  そして相変わらずのハチャメチャバトル・・・今度は「執筆戦」でした
  戦ってかいてある通り戦のようでしたわ('A`)
  数々の奥義が炸裂、その中のプリューナクって技伝授していただけませんかね!?

  言葉は聴けないけど想いは分かる・・・第二のヒロイン登場ですた
  えぇ妹はヒロインには入らないんだぜ☆
  アレは論外・・・だってアレだもん。でも光り輝いてたよ

  次巻は、日常の短編集らしいのでワクワクします 会話たのしみー!



ダンタリアンの書架5  ダンタリアンの書架6

 ダンタリアンの書架
 
  割と買ってるので一冊のみ感想じゃなくて適当に抜粋感想
  何編かの短編がたくさん入ってます。一話だいたい50pほどで読みやすいですよ
  まぁそこかしこにご都合展開ありますが、いいじゃない

  5,6巻で個人的に良かったのが
  五巻の「時刻表」「航海日誌」、六巻の「人化の書」ですかね

  時刻表の使い方、目的、結果。未来をかえるために幻書を手に入れた男の話
  最後の行動、そして引きが最高にカッコよかったです。この話アニメ化してほしい・・・。

  今までの幻書とは、かなり違う特殊な感じがした幻書「航海日誌」
  永遠にさまよい続ける定めの船でのルール・・・縛られた人たちの話
  体は言うこときかないのに精神はそのままってすりへるすりへるうううう

  海魔、人間以外の別の存在。オカルト部分というかそういうのが登場した「人化の書」
  人のための幻書ではなく、人ならざるもののための幻書
  海魔をとりまく問題などに介入したヒューイたち・・・エェ!?ってところがありました




 追記は久しぶりのコメント返信です
 まとめて返しちゃうぜ!そんなにないけども!


コメント返信

>やさいさん
 おいナフェにされるとか興奮するじゃねry
 ばかやろう!手がアームじゃ手コ・・・ちょmあばばばばばば

>通りすがりさん
 二日・・・・だと。連邦軍のMSはバケモノかっ!
 WRSでた瞬間いえーいでした。あの服装ほしいんだがなぁ・w・

>やさいさん
 打ち落とされるというか死ぬよね防御術式なかったらw
 空飛んでる時点でこっそりしてねーよ!w でも盗撮したのは下さいね(ぇ

コメントありがとうございました

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutekinotikara.blog23.fc2.com/tb.php/337-a0ad44b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。